意外と簡単!?ブログ開設から2週間でGoogle AdSenseを通過するのに必要なコト

Pocket

はじめに

こんにちは!はんぺんです!

ブログ開設から2週間でようやくGoogle AdSenseの審査が通過したので,その経緯について簡単にお話しさせていただきたいと思います!

Google AdSenseって何がいいの?

Google AdSense

自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる.Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービス.

出典: Google AdSense(グーグルアドセンス)とは? 基本的なしくみを理解しよう

つまり,サイトの内容に合った広告や,ユーザーが興味のある内容の広告をGoogleが自動的に判断して掲載してくれるというものです!

その広告を読者がクリックすることで,ブログの運営者の収益になります.

これに通過することがブロガーとしての第一歩でもあります.

審査通過に必要なコト

独自ドメインの使用

ドメイン

ドメインはサイトのURLである“ホームページアドレス”のことです..comや.net、あるいは.orgや.bizなど様々なドメイン名があり,年間の更新費用を支払っている限り,取得した人が継続して利用することができます.

出典: 独自ドメインとは何ですか?

申請には独自ドメインが必要で,ドメインにもよりますが,100~2000円の費用が掛かります.

記事の量と質

まずは記事がないとGoogleも審査のしようがないので,記事を書いていきましょう!

私の場合,審査通過時は記事数が15平均1500~2000文字程度で書いていました.

友人は記事が7つの時に申請して落ちたことがあるようなので,あまりにも少なすぎたら通過は厳しように思われます.

審査用に別のブログを作ったら良いという話もありますが,そんなことする必要はないと思います!

また記事の内容に関してはIT系の内容を中心とした技術や物の紹介といった感じで,パッと見てIT系のブログだと分かる程度には一貫性を保つようには心がけていました.

画像は使わない方がいいという意見もありますが,私は画像は使って大丈夫だと思います!

理由は,文字だけの記事は読み手からするとつまらないモノになりがちで,それこそ質の高くない記事になりかねないからです.

また,通過したときは1日100~200PVくらいはついていました.

サイトマップの作製

Googleはクローラーと呼ばれる巡回ロボットを使ってサイトを見て回っているようです.

その際にXMLサイトマップといサイトの構造を示した情報を作っておくことで,クローラーが正しくサイトを認識することができるようになります.

申請にはこれが必要とのことなので,忘れず作製を行っておきましょう!

私はこちらのサイトを参考にさせていただきました.

All in One SEO PackでXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールでGoogleに送信する方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 独自ドメインでのブログ開設
  • 平均1500~2000文字を15記事くらい
  • サイトマップの作製

この3つが私がGoogle AdSenseの審査に通過するのに特に大事だと思ったコトです!

ここさえ押さえておけば,審査も通過することでしょう!

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください