データ分析にJupyter notebookを使う3つの理由

Pocket

はじめに

こんにちは.

はんぺんです.

今日は私が普段Pythonを使ってプログラミングをするときに使っているJupyter notebookについてお話したいと思います.

Jupyter notebookとは?

まずはじめに,そもそもJupyter bookとは何なのかについて説明したいと思います.

簡単に言えば,Jupyter notebookはブラウザ上で動作する,プログラミングのエディターです.

ブラウザに表示されるので,OSを問わず使用することができ,最近ではプログラミング教育の現場でも用いられているようです.

おすすめする理由3つ

インタラクティブなデータの可視化

特筆すべき特徴の一つは,プログラミングを行って得た結果を,リアルタイムでJupyter notebook上に表示できるという点です.

データ分析にでは表やグラフを扱うことが多く,Jupyter notebook のこの特徴はデータ分析との相性は抜群です.

データを生成してグラフに表示すると以下のようになります.

データ生成→グラフ出力の流れがとてもスムーズです.

セルコーディング

Jupyter notebook ではプログラムやメモをセルに記述していきます.この,セルコーディングが他にはないJupyter notebookならではの特徴です.

上部にタブが存在し,プログラムならCode,メモならMarkdownに切り替えることで,セルのタイプを変更することができます.

y = 2xと,TeX形式で数式をMarkdownに記述することもできます.

ちなみにショートカットでも変更することができ,Codeはセルが青く囲われている状態(Esc)でYを押すと切り替わり,Markdownはセルが青く囲われている状態Mで切り替わります.

大変便利なので,覚えておいて損はないです.

豊富な拡張機能

Jupyter notebook extensionsという便利な拡張機能がが存在し,非常に便利なツールを有しています.

その中でも,特に便利なものが,自動目次生成ツールのTable of Contents(2)です.

マークダウンで記述したセルをセクションの見出しとして認識し,それを元に目次を生成するというものです.

# セクション1

## セクション1.1

# セクション2

という具合に,#の数で階層を表します.

一番上に見出しがまとめられ,一目でプログラムの構造を俯瞰できるのは非常に便利です.

プログラムの構造を意識してかけるので,あとから見直しもしやすくいいコードを書く手助けになります.

まとめ

いかがでしたでしょうか.

今回は,Jupyter notebookをおすすめする理由について説明しました.

本当に使いやすいので,是非皆さんにも使ってその良さを体験していただきたいです.

それでは失礼いたします.

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください