misfit vaporをバンドと保護フィルムと共に購入してみてた

Pocket

misfit vapor 購入

はじめに

こんにちは.はんぺんです.

修論が大変で全く更新してませんでした…結果ははい微妙でしたが卒業はできそうなので安心しています.

一段落ついたところで,前々から欲しかったスマートウォッチを購入しようと思い,misfit vaporの購入に踏み切った次第です.

MISFIT 【Amazon.co.jp 限定】 Vapor Jet タッチスクリーンスマートウォッチ 心拍センサー 防水 GPS ストレージ 【日本正規代理店】

色はシルバー,ブラック,ゴールドの三色ありましたが仕事でも無難に使えそうなブラックを選ぶことにしました.

Android wear2.0搭載で4 GB ストレージ搭載 / 心拍センサー搭載 / コネクテッドGPS搭載 / Google アシスタント搭載など機能も十分備わっていますので,Android wear2.0搭載のスマートウォッチのエントリーモデルとしてはこれがベストではないでしょうか.

開封の儀

Amazonで1日で届きました.

今回は保護フィルムと交換用のバンドも同時に買ったのでそちらも後程小那覇視させていただきます,

とりあえず開けてみました.

けっこう分厚いですね.存在感はあります.

接続は順に追っていれば難なく済みます.

スマートフォンとの連携は必須なので,用意しておく必要があります.

保護フィルム

画面傷つくのが嫌なので,買ってすぐ保護フィルムを貼りました.

今回購入したのはこちらになります.

Maxku Misfit Vapor フィルム高透過率 超薄 硬度4H 耐衝撃 手触り良い HD画面 PET素材 Misfit Vapor 液晶保護フィルム【3枚入り】

3枚入っているので張り直しが利くかなーというところでこちらを選びました.

貼り方はスマホと同じような感じです.

貼って最初は気泡が入って失敗したかなーと思ってましたが,気泡を爪で外へ押しやって1日経ったころには気泡は消えていました!

使用感も引っ掛かりも少なく個人的に使用感に問題はありません.

バンド交換

バンドは最初シリコンの付属しているものを使っていましたが,若干のチープ感が気になってすぐに別のものに交換しました.

私が選んだのはこのメッシュでマグネットで固定する無段階調整可能なバンドです.

Lamshaw バンド 対応 Misfit Vapor, ミラネーゼループ マグネット式 ステンレス メッシュ 交換ベルト 対応 Misfit Vapor (ブラック)

こちらの標準的なメタルバンドと迷いましたが,メッシュの無段階調整に惹かれて上記のものに決めました.

ピンでとめるようになっているのですが,少し苦戦したのでつけ方を示そうと思います.

まず裏返して純正のシリコンバンドを外します.

このシルバーの棒を外すのですが少し厄介でした.

まず段になっているところを引き下げます.この時爪が短いと大変かもしれません…

段を下げるとさらにその上に段が見えるのでそこをさらに下げます.

すると棒が固定部より短くなって外れるという仕組みです.

つけ方は付属のピンをバンドにはめて外した時の逆の手順でつけていきます.

こちらが付け替え後の写真です.

個人的にこっちの方がかなり好きですねー!

つけた感じです.

無段階調整は地味に便利で,例えばランニングの時はきつく,普段は緩めにってのを絶妙な加減で簡単に調整できます!

変えて正解です☺

充電がしにくい

充電はこんな形の充電アダプタをスマートウォッチの裏に着けて行うのですが,ハマりが悪く磁力も弱くすぐずれてしまします!

ちょっと当たっただけで充電できなくなってしまうので,注意が必要になります.

まとめ

いかがでしたでしょうか.

今回はmisfit vaporの紹介をしました.

まだまだ発展途上段階のスマートウォッチですが,これから色々と便利になっていくことを予想&期待して使っていきたいと思います!

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください