PythonでCSVデータをグラフ化してみた

Pocket

はじめに

こんにちは.

はんぺんです.

今回は,pythonを使ってCSVのデータからグラフを取得する方法を紹介したいと思います.

私も研究で実験データをまとめるときにpythonを使用しているのですが,いちいちCSVファイルを開いてグラフを作成する動作をしなけて済むようになるので非常に便利です.

コード

インポート

まずは必要なライブラリをインストールします.

pandas

CSVファイルを開くために使います.

matplotlib

グラフを作成するのに使用します.

os

ファイルを参照して名前を取得するのに使います.

エクセルの読み込み

データの場所とグラフの出力先を指定します.

そしてファイルネームを取得してアルファベットの降順に並べました.

xとy軸の値として整理

一列目をx,二列目をy軸の値として読み込みます.

このとき,pandasで読み込むときに”.T”を用いて転置させる必要があります.

理由は,デフォルトだと行方向に読み込みされるからです.

CSVのデータ形式によって変える必要があります.

グラフ化

一つづつグラフ化

iでデータ番号を指定することで,一つづつグラフを作成することができます.

こちらが取得したグラフです.

y=2xのグラフです.

まとめて同じグラフにプロット

for文を用いてまとめて同じグラフ内に プロットもできます.

こちらがまとめてプロットしたグラフです.

色は自動的に振り分けられますが,自分で指定もできます.

まとめ

いかがでしたでしょうか.

今回は,CSVのデータを読み込んでグラフ化を行いました.

このままだとグラフとして情報量が足りないので,タイトルや軸名なども書き加えていく必要があります.

そのほかの細かい点は次回以降説明していきたいと思います.

スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください